運動よりも食事を改善したほうがメタボ対策になる

メタボ対策はまず食事療法からはじめましょう。

別の項でメタボ対策として食生活の改善について触れました。
そこではあくまでも簡単に概略だけをお話ししただけですが、ここではメタボの食事療法について詳しく解説いたします。

 

まず知っていただきたいのは、メタボになるのもメタボを改善するのも食事という要素が大半を占めているという点です。
もちろん運動不足もメタボを原因として考えられますが、食事さえきちんとしていればおそらく運動不足だけでメタボになることはないでしょう。

 

そういう意味でも食事療法はメタボの基本だとお考え下さい。

 

おそらくメタボになってしまった人は肉料理を中心とした脂っこい食べ物がお好きだと思います。
しかも食べる量も多くて、普段の摂取カロリーは高いはずです。

 

またお酒やジュースなど糖類の多い飲み物もお好きではないでしょうか。
人間は食べ物に好みがあるのですから、これは致し方ありません。

 

ですがこれがメタボの原因になっている可能性大なので、問題のあるところは出来るだけ負担の少ない形で改めましょう。

 

和洋中の中では、やはり和食が最も理想的な食べ物なので和食を中心にします。
和食は野菜を食べることが多く、またそれを油の少ない調理法で料理するので大変ヘルシーです。

 

要するに、出来るだけ肉や脂っこいものから野菜中心のさっぱりとしたメニューに変える工夫をしましょう。
もちろん全く食べないというわけではありません。

 

それだと物足りなくなって続きませんからね。
日本人が昔からよく食べている海藻類は低カロリーで栄養価が高いので特におすすめです。

 

次に食べる量。これは腹八分目がベストです。

 

メタボに限らず、消化器系に優しい食べ方としても腹八分目は最も理想的な量と言えます。
最初は物足りなくてもっと食べたいと思うのですが、これは胃の大きさが従来のままになっているからで、すぐに慣れます。

 

むしろ体調が良くなるので快適に感じるようになるはずです。
これを規則正しく一日3食を繰り返しているだけでもメタボ対策としては大変効果的です。

 

最後に食べ方にも工夫をしてみましょう。
食べ方に工夫、というのは具体的にはよく噛むことです。

 

これも消化器系を助ける意味や胃がん予防になることなのでメタボ対策に限らずおすすめしたいことです。
よく噛むことがなぜメタボ対策になるのかと言いますと、噛むことによって満腹中枢に情報がいきやすくなり、早く満腹感を感じるようになります。

 

その結果食べる量が少なくなりメタボ対策になるのです。

 

メタボ撃退アイテムのご紹介


トップページ メタボ対策ダイエット 漢方薬でメタボが解消 食事療法とは メタボ対策の運動 メタボを救うゲーム