メタボリック・シンドローム通称「メタボ」いかにもデブっぽい呼び方ですよね。

メータボめたぼメータボ〜 かっこわるっ!

あなたメタボリック症候群ですね。最近新しく生まれた「メタボ」という言葉が一般にも広く使われるようになりました。
メタボとは略語で、正式にはメタボリック・シンドロームまたは日本語ではメタボリック症候群と言います。

 

ところでこのメタボリック・シンドロームという言葉が分かったところで今ひとつ何のことを指しているのかピンと来ません。

 

生活習慣がもとで太ってる人やお腹が出ている人のことを言うのでは、というおぼろげなイメージはあるのですが、正式にこれがメタボリックシンドロームであるという基準を知っている人はそれほど多くはありません。

 

メタボリックシンドロームってなに?タダのデブのこと?

それではまず、メタボリックシンドロームとは何かについてご説明します。

 

先ほどお話しした太っている人がメタボリックシンドローム、というイメージはあながち間違いではなく、ウエストつまり胴回りがある程度以上の太さになっていることが最初の基準点です。

 

男性なら85cm、女性なら90cm。これを超えている人はまずはメタボリックシンドロームの第一段階をクリアしています。

 

いわゆる生活習慣病というものがあります。かつては成人病と呼ばれていた病気のことです。
高脂血症、高血圧、高血糖症(いわゆる糖尿病)などがそれに該当します。

 

先ほどのウエストサイズに加えて、これらの生活習慣病だと診断されるような数値が出た場合、それが2つ以上になるとメタボリック・シンドロームとして診断されます。

 

生活習慣病だと診断されるような数値、というのはあいまいなので正確に書きますと、以下のようになります。

 

1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方
2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方
3.空腹時血糖が110mg/dl以上

 

これらのうち2つ以上に該当し、最初に申し上げたウエストのサイズが男性で85cm、女性で90cmを超えている人はメタボリックシンドロームである、ということになります。

 

2つ以上該当すると、と申し上げました。ですが実際にはこれらの数値には相関関係があるので、3つ全てに該当してしまうことも珍しくありません。

 

当然ながらこれらの全てに該当してしまうというのは体に良いはずがないので、ただちに対策をとる必要があります。

 

放置しておくとあらゆる病気を引き起こす元になってしまうので、ここまでメタボリックシンドロームに注目が集まっているのです。

 

最近体系化されたということで、これまでは単にそう呼ばれていなかっただけでメタボリックシンドロームの人はたくさんいました。

 

このようにちゃんと言葉も出来て明確に定義された現在、それに対する対策も確立しつつあるので該当する人はしっかりと対策を始めましょう。

 

メタボ問題が浮上!生活習慣病予備軍になるな!

メタボリック・シンドローム(略:メタボ)の基準と対策!いざダイエットへメタボリックシンドローム(以下メタボ)の基準が明確に定義されたことによって、これまでは問題とされていなかったことが問題とされるようになってきました。

 

メタボというのはそれだけでは特に病気というわけではなく、“病気のリスクがあるので注意すべし”という状態です。

 

これまではメタボ、またはメタボに近い状態にあったことが原因で生活習慣病やその他の病気になったとしたらその病気が発症してからが問題となっていました。

 

今やこれらの病気の原因となっているのがメタボであるということが分かってきており、メタボになることを予防するための対策が可能になりました。

 

俺、メタボ?それを知るのが肝心

自分がメタボなのかどうか、それを知るためにメタボ検診があります。
メタボ検診は従来からあり、任意で受けることが出来ました。

 

そんなメタボ検診をめぐって、新しい動きがあります。
それは国によるメタボ検診の義務化です。

 

具体的には健康保険法の改正にともなって、厚生労働省が2008年から新しい健診制度を導入するにあたって各健康保険組合にメタボ対策を義務付けたのです。
これは何を意味するのでしょうか。

 

国の本音としては、まだ実際の病気になっていないものの将来的に何らかの病気になるリスクが高いメタボをその段階で食い止めることによって将来にわたる医療費を削減したいという意図があります。

 

ご存知のように健康保険は本人負担が3割なので残りの7割は健康保険組合が負担しています。

 

そこに国の財政が使われているので、この医療費負担は国庫を大きく圧迫しています。
メタボ対策を進めることによって、この部分の国庫負担を将来にわたって軽くしたいということです。

 

この制度は義務化となっているのが特徴で、義務ということは必ずしなければならないということです。
もし違反すると健康保険組合への助成金がでなくなりますし、一定期間内の減少率が国の基準に達していない場合は事実上の罰金というペナルティまであります。
つまり、言われた通りにメタボ検診をやっているだけではダメで、それによる結果までも求められているのです。

 

これを受けて最近では特に大企業などでメタボ対策として社内のエレベーターを使わない運動をしたり、勤務時間中に体操の時間を設けたりするなど、具体的な対策に乗り出しています。

 

国の意図や健康保険組合の意図はどうあれ、これは私たちの健康を増進する上で有意義なことです。この世の中の動きをチャンスと考えて、メタボ対策をしっかりと行いたいものです。

 

どうしたらメタボになるの?

それではメタボはどうしたらなってしまうのでしょうか。メタボの原因について考えてみましょう。

 

内臓脂肪が溜まりすぎるとメタボです。メタボとは具体的な数値の条件を満たすことによって診断されます。

 

そうした数値を上げてしまう原因になるのが、内臓脂肪です。

 

内臓脂肪というのは皮下脂肪と違って、体内の内臓につく脂肪のことです。

 

皮下脂肪と違って、内臓につく脂肪は内臓の機能を低下させることがあるため、内臓の数値に異常を起こさせるのです。

 

世界の珍味として名高いフォアグラ。これはガチョウの口に餌の管をつけて無理矢理餌を大量に食べさせます。

 

そうすることによって内臓に脂肪が蓄積し、脂肪肝になります。要するにメタボに近い状態です。
その肥大した肝臓を食べるのがフォアグラです。

 

メタボというのはこのフォアグラに似た状態になっているということを考えると、以下に異常な状態なのかうかがい知ることが出来ます。

 

内臓脂肪が溜まる原因はなに?

内臓脂肪がたまる原因は、主に運動不足と食生活の偏りです。

 

実際によくあるケースを例に考えてみましょう。

 

40歳のサラリーマン男性の場合、仕事は働き盛りなので忙しいと思います。

 

年齢的に体力は落ちてくる時期で時間もないことから運動量が減ってしまいます。
ですが会社の付き合いやストレスなどで飲んだり食べたりする機会が多くなります。

 

しかもそれについても時間が不規則…こんな生活を続けていると内臓脂肪がたまります。

 

まだ症状もなく静かにメタボが進行している状態ならちょっとお腹が出てきたなぁという程度で大して気にもなりませんが、この生活を続けているといずれはメタボ、そして生活習慣病となります。

 

特に注意したいのは、見るからに太ってきているという人だけでなくメタボはやせているように見えても内臓にはしっかり脂肪がついている、というケースが少なくないことです。

 

“痩せの大食い”なんて言葉もありますが、そんな人はもしかしたらメタボ予備軍かも知れません。

 

これをお読みになってお分かりいただけたと思いますが、メタボは何か病原菌が感染してなるという病気はありません。

 

あくまでも生活習慣の結果、つまり自分の責任というわけです。

 

逆に考えるとメタボは自分の心がけ次第で予防も改善も出来るので、今後メタボの可能性がある人はもちろん、すでにメタボになってしまっている人でも決して遅くはありません。

 

生活を改善すればいくらでも良くなるのですから。生活の改善、その中でも特に食生活を改善するだけで大きく変わってくるはずです。

 

メタボーな人は中年だけではない!?

先ほどからメタボについては40歳を超えた人を想定してお話してきました。

 

…ところが最近になってメタボは決して中年以上の人だけの問題ではないということが分かってきました。というのも、子供のメタボが急増しているからです。

 

子供の場合は大人と体の大きさが全然違うので、メタボの基準も若干異なります。

 

以下が子供のメタボ基準です。

 

まずは1つめの基準として腹囲(ウエスト)が80cm(小学生は75cm)です。
大人の場合は性別で基準が異なりますが、子供の場合は男女同じです。

 

そして、大人の場合と同じように以下の基準に2つ以上該当するとメタボとなります。

 

@血圧:収縮期血圧値(上の血圧)が125mmHg以上または拡張期血圧値(下の血圧)が70mmHg以上
A空腹時血糖値:100mg/dl以上
B中性脂肪値:120mg/dl以上、HDLコレステロール値:40mg/dl未満

 

大人の基準と比べると若干ハードルが低くなっています。

 

これは体の大きさが違うということもありますが、子供の場合は大人と違って内臓機能が活発であることを考えて厳しめの基準に設定されています。

 

子供だって素行(生活習慣)が悪いとメタボになるのです。

大人のメタボは生活習慣が原因ですが、子供の場合はどうでしょうか。

 

同じ人間ですから、やはり子供のメタボも生活習慣が原因となっています。

 

ただ、子供の場合は学校に行っているため運動不足になるということはあまりありません。
体育の授業や通学で嫌でも運動することになりますから。

 

となると疑われるのは食生活習慣です。

 

子供は偏食が多くなりがちなので、偏食や不規則な食生活がメタボの原因になっていると指摘されています。

 

当たり前のことですが、朝・昼・晩の3度の食事はきちんと規則的な時間に食べるようにして、偏食することなく野菜やキノコ類をたくさん食べることが重要です。

 

元々日本にはメタボは無かったのですが、食事の欧米化によってメタボを引き起こしそうな食材が増えてきました。

 

ここはやはり、伝統的な日本食を中心にした栄養バランスの良い食事を心がけるのが一番です。

 

子供のメタボ対策をするのと同時に、一緒に生活している大人のメタボ対策にもなるのですから、家族全員で脱メタボの生活をすることをおすすめします。

 

なお、食生活以外にもTVゲームに没頭することによる運動不足や睡眠不足、小学校受験や中学校受験など、受験の早期化による強いストレスなどもメタボの原因として指摘されています。

 

さらにはいつでも食べ物を買いに行ける環境も食べ過ぎるキッカケとなっています。食事以外のこういった部分でも注意したいところです。

 

子供も大人もみーんなメタボ仲間!

前の項で子供のメタボについてお話ししました。
ついに飽食の時代もここまで来たかと思わせる話ですが、ここではさらに世も末なお話をしたいと思います。

 

子供の次はそう、動物です。動物のメタボについてです。

 

一時ニュースを騒がせた「メタボ猿」の話をご存知でしょうか。

 

その名の通りメタボになってしまった猿のことで、このニュースでは大阪・堺市にある公園のサル山が取り上げられていました。
ここのサル山にいる猿が集団肥満になっている、というのです。

 

実際の映像を見たわけではありませんが、見た目にも分かるほどのおデブばかりだそうで、なぜこんなに太ってしまったかと言いますと、見物客が思い思いに餌を与えてしまうからだそうです。

 

確かに猿は雑食ですから何でも食べます。

 

よく観光地に生息する猿が土産物屋の商品を狙ったり観光客の持っている食べ物を奪い去る光景を目にしますが、人間に近い生き物である猿は人間が食べるようなものは何でも食べられるのでしょう。

 

それを面白がった見物客が餌を与え、毎日が食べ放題となっているせいでメタボ猿の完成となったわけです。

 

このニュースは堺市の話ですが、同様の事態は全国的に起こっているそうです。

 

野生の猿が道路に出てきては車で訪れた観光客に食べ物をねだる、という光景は全国のいたるところで見ることが出来ます。

 

私は大阪北部の出身ですが、そこに箕面という山の多い地域があります。

 

箕面にはたくさんの猿が生息しており、道路に出てきては観光客が車の中から投げた食べ物を拾って食べています。

 

これが目当てでやって来る観光客も多く、ここの猿もメタボになるのは時間の問題かも知れません。

 

猿以外にはメタボ猫というのもよく話題になります。

 

猫というのは本来屋外で自由気ままに動き回って生活する生き物ですが、家の中で飼うとなるとそうはいきません。

 

動き回る場所が少ないことから一日中寝ていることが多く、どうしても運動不足になります。

 

他に複数の猫と一緒に飼っている場合は猫同士で遊びまわる時間もあるのですが、一匹で飼っているとヒマなので動くことが非常に少なくなります。

 

その状態で餌を食べ放題にしたり、人間の食べるようなものを与えるとメタボになる可能性が高くなります。

 

人間の場合は自分の意思で生活習慣を決めることが出来ますが、動物の場合はそうはいきません。

 

そのため飼い主や接する人間がそのことを留意して余計なものを与えないことが大切で、何でも食べ物を与えてメタボにしてしまうのは動物虐待だ、という声もあります。

 

メタボ撃退アイテムのご紹介


トップページ メタボ対策ダイエット 漢方薬でメタボが解消 食事療法とは メタボ対策の運動 メタボを救うゲーム